国民食パンケーキになるまで

ご存知の方も多いと思うが「パンケーキ」の”パン”は食パンやフランスパンのブレット”パン”ではない。フライパンなど鍋型をあらわす”pan”のパンである。すなわちフライパン(型)で”焼く”ケーキという意味だ。小麦粉・ベーキングパウダー・卵・牛乳を混ぜ焼きあげる料理は、英語圏では朝食として好んで食されるが、日本では長年、市販のプレミックス(ホットケーキミックス)により、家庭の道具でも簡易につくれる「ケーキ」として、ナイフ&フォークでいただくちょっぴりリッチな庶民のオヤツであった。

日本でのパンケーキの歴史は明治維新後と思われる。1884(明治17)年にウィルレム・チャンブルが編纂し文部省が翻訳した「百科全書」(丸善商社出版社)にPANCAKE(薄餅)と記録があり、明治時代後半の西洋料理専門書「常磐西洋料理(ボーカス著/常盤社/明治37年)」には、“パンケーク”というレシピの記述があることから、すでに開港後の世に西洋料理としてパンケーキは存在していたことは明確だ。すでに「朝食」の章に紹介されているのも興味深い。とはいえ、当時は外国人居留地や政財界人向けの食べ物で、市民が口にするのはもう少し先の事になる。


横浜市立図書館デジタルアーカイブ より

ホットケーキ(hotcakeが市民の前に登場したのは、明治中頃の百貨店の食堂だったようだ(※百菓辞典 : 洋菓子・和菓子・デザート / 山本 候充/編 / 東京堂出版 P239)。1923年、東京日本橋の三越の食堂で「ハットケーキ」というメニュー名で出したものが、我々の誰もがイメージできる、バターとメープルシロップで食べるものだったらしい(※コムギ粉の食文化史 / 岡田 哲/著 / 朝倉書店 P181-182) 。

ちなみに、ハットとはhotの音読みで、「パン」と間違われないよう、焼き立てを出すことから「PAN」を「HOT」に変えて「HOT CAKE」(ハットケーキ)になったといわれています。

1927年神田の果物商が開業した万惣フルーツパーラーにもホットケーキが登場。その変わら味は2012年に閉店するまで愛され続けました。

万惣フルーツパーラーは1927年創業当時からホットケーキを提供。人気メニューだったフルーツホットケーキ 2009年3月撮影

1931年にはついにホットケーキが手軽にできる国産プレミックス(ホットケーキの素)「ホームラック(ホーム食品)」が販売されます(※昭和の食品産業史 / [日本食糧新聞社 P217)。

不二家も関東大震災に被災したが、伊勢佐木町店が1937年に再建、洋菓子販売と共にパフェ、ホットケーキも提供を始めており、現在もメニューに残っている。

戦中の食糧難時代を経て、敗戦後(1945年後)の食糧難を賄うため、GHQは支援物資としてメリケン粉(小麦粉)などの食糧配給をし、国民はそれを水で溶いて具を入れて焼いたり(洋食焼きのルーツ)、「すいとん」にしたりしていた。米国は1954年、発展途上国に余剰農産物を輸出する法案PL480法(農業貿易促進援助法)を成立させ、1956年に日米調印。米国産主要農産物(小麦、大豆、トウモロコシ)の市場拡大のため、油料理の奨励(油脂の原料となる大豆などの消費拡大)といったキャンペーンが、日本国民の栄養改善という大義名分のもとに、PL480法に調印した1956年に、厚生省指導のもと日本食生活協会が「栄養指導車」を建造し、キッチンカー(栄養指導車)が全国を駆け回り、栄養士が欧米型料理の実演指導し、200万人もの国民に栄養改善指導をした。(キッチンカーではメリケン粉とサラダ油(大豆油)によるパンケーキやスパゲティ、ベーコンエッグ、オムレツの実演調理も行い、それをフライパン運動と呼んで油調理を勧めたのだ)。そして同年、森永が加糖タイプのプレミックス「ホットケーキの素」を販売。今でも「森永ホットケーキミックス」(1959年に改名)という名で販売されているロングセラーとなている。

ホテルのブレックファストメニュー、デパートのお好み食堂のデザート、そして喫茶店やパーラーのスイーツとして日本のパンケーキは「ホットケーキ」というスタイルで発展、70年代前半の不二家のカフェ&レストランではホットケーキにソフトクリームがトッピングされたりと、画期的で日本独自の進化も遂げてきた。さらに70年代半ばには昨今のスイーツ激戦区といわれる自由が丘にパンケーキ専門店の「花きゃべつ」が開業。


撮影日2008年5月「花きゃべつ」のパンケーキ、「ホットアップル」と「フレッシュフルーツ」

そして1974年、デニーズが横浜・上大岡に日本1号店をオープンするとアメリカ仕込みのパンケーキメニュー提供。多くの日本人が「パンケーキ」という文字を初めて目にすることになったである。

ともあれホットケーキという響きはどこか子供っぽく、シロップとバターで食べるカジュアルな食べものの印象だった。ファストフードでは早くからメニューに取り入れた日本マクドナルドは現在でも「ホットケーキ」とうたっているのは興味深い。それにしても、薄くふにゃふにゃと蒸したようなホットケーキには色んな意味で度肝を抜かれたものだ。

そんな日本のパンケーキシーンは2000年以降、一変することとなる。

billsの代名詞 リコッタパンケーキw フレッシュバナナ ハニーコームバター

70年代後半のファミレスブームと共にアメリカから日本に進出してきたパンケーキをメインにしたレストランチェーン「iHOP」が2001年に日本から撤退したのと入れ替わるかのように、世界一の朝食と謳われるオーストラリア「bills」(ビルズ)が、2008年湘南 七里ヶ浜に初上陸し「リコッタパンケーキ」を伝道。それまでのホットケーキとは明らかに違うそのスタイルと食感、味わい、そしてその価格にグルメたちは黒船襲来とばかりに衝撃を受けた。

Eggs ‘n Thingsの代名詞 パンケーキ ストロベリー、ホイップクリームとマカダミアナッツ

人気のハワイアンレストラン「Eggs ‘n Things 」は2010年に原宿に海外初出店、ハワイアンパンケーキブームも巻き起こる。そしてホットケーキという呼び名からパンケーキという名が世間の主流になり、外食産業の花形となったのだ。このころからカフェやレストランなどのメニューにパンケーキが賑やかに並び、パンケーキ専門店という業態も目立ちはじめ、ビルズやエッグスンシングスが原宿に開業すると、その他の外食チェーンもこぞって、原宿表参道エリアに進出。原宿エリアはパンケーキの聖地と化すことになる。単なるブームではなく、

食事系からデザート系までと多様化し、5~600円で食べられたおやつのホットケーキが、2000円以上もする料理として、グルメたちをうならせる一品としても登場するようになった。こういった現象は大阪、名古屋、京都といった大都市から地方へまで行き渡り、各地のショッピングモールもパンケーキで行列することになる。さらにInstagramなどのSNSの普及により、パンケーキ は「出かけて、並んで、食べて、撮って、そして共に分かち合う」と目的化し、パンケーキ自体がエンターテイメントと進化する。

それは、単なるブームではない、そう、パンケーキは日本人の立派な国民食となったのである!