パンケーキがホットケーキになるまで

ご存知の方も多いと思うが「PANCAKE パンケーキ」の”パン”は食パンやフランスパンのブレット”パン”ではない。フライパンなど鍋型をあらわす”pan”のパンである。すなわちフライパン(型)で”焼く”ケーキという意味だ。小麦粉・ベーキングパウダー・卵・牛乳を混ぜ焼きあげる料理は、英語圏では朝食として好んで食されるが、日本では長年、市販のプレミックス(ホットケーキミックス)により、家庭の道具でも簡易につくれる「ケーキ」として、ナイフ&フォークでいただくちょっぴりリッチな庶民のオヤツであった。

国会図書館デジタルコレクションより

日本でのパンケーキの歴史は明治維新後と思われる。1884(明治17)年にウィルレム・チャンブルが編纂し文部省が翻訳した「百科全書 中巻」(丸善商社出版社)の食物製方の章に“薄餅”とパンケーキのレシピがあり、明治時代後半の西洋料理専門書「常磐西洋料理(ボーカス・ディキンソン著/常盤社/明治37年)」には、“パンケーク”というレシピの記述があることから、すでに開港後の世に西洋料理としてパンケーキは存在していたことは明確だ。ちなみに著者のボーカス氏は19 世紀アメリカのプロテスタント教会メソジスト監督派教会女性宣教師で、1890年(明治23 年)日本へ派遣されてきた。女学校を創設したりと日本の女性に対する啓蒙活動を展開し、横浜山手に常盤社を設立し出版活動を始め、女性向けの雑誌『常磐』を発行。連載記事の「手軽西洋料理」をまとめたものが「常磐西洋料理」である。

 


横浜市立図書館デジタルアーカイブ より

それにしても、“メレンゲを別点てして生地にまぜる”ということが記載されおり、当時からすでに、メレンゲを別点てして生地にまぜる調理がおこなわれていたことに驚かされる。そして「朝食」の章にパンケーキが紹介されているのも興味深い。

とはいえ、当時は外国人居留地や政財界人向けの食べ物で、市民が口にするのはもう少し先の事になる。

ホットケーキ(hotcakeが市民の前に登場したのは、明治中頃の百貨店の食堂だったようだ(※百菓辞典 : 洋菓子・和菓子・デザート / 山本 候充/編 / 東京堂出版 P239)。1923年、関東大震災の直後に東京日本橋の三越の食堂で「ハットケーキ」というメニュー名で出したものが、我々の誰もがイメージできる、バターとメープルシロップで食べるものだったらしい(※コムギ粉の食文化史 / 岡田 哲/著 / 朝倉書店 P181-182) 。

ちなみに、ハットとはhotの音読みで、「パン」と間違われないよう、焼き立てを出すことから「PAN」を「HOT」に変えて「HOT CAKE」(ハットケーキ)になったといわれています。このころから、 帽子の“hat”とは無関係だ。このころから西洋料理の朝食パンケーキはホットケーキというハイカラなデザートとして、庶民の憧れとなる。

1927年神田の果物商が開業した万惣フルーツパーラーにもホットケーキが登場。その変わらぬ味は2012年に閉店するまで愛され続けました。

万惣フルーツパーラーは1927年創業当時からホットケーキを提供。人気メニューだったフルーツホットケーキ 2009年3月撮影

1931年には、銀座6丁目角に銀座コロンバン本店と、オープンテラス喫茶のパイオニアといえる「テラスコロンバン」が開店。後に、暮しの手帖社社主・元社長で雑誌『暮しの手帖』を創刊した大橋鎭子氏の著書「暮しの手帖とわたし」に、1937年ごろに銀座コロンバンでホットケーキを食べたという記述がある。その時のレシピは後に雑誌に公開されるが、もちろん、メレンゲを別点てして生地にまぜる、今に通じるホットケーキだったのである。

コロンバンのパンケーキ 1930年代のレシピの復刻版パンケーキは、現在、原宿サロンで食べられる

大正時代にブームとなった、カフェや喫茶、食堂などの多くは関東大震災に被災したが、その一つの不二家も被災し伊勢佐木町店が1937年に再建、洋菓子販売と共にパフェ、ホットケーキも提供を始めており、現在もメニューに残っている(レシピは当時とは違う)。
震災復興の陰に、温かい美味しいホットケーキがあったのだ。

このあたりの動向は日本のパンケーキ年表を参考にしてください。

時代が前後してしまいましたが、1931年に国産初のホットケーキが手軽にできるプレミックス(ホットケーキの素)「ホームラック(ホーム食品)」が販売されます(※昭和の食品産業史 / [日本食糧新聞社 P217)。同年

続きの記事